電動ジギング

電動ジギング釣りの仕掛け

まずは、竿です。
電動リールがセットできる竿で、ある程度の重さ250g位前後のルアーを使えるベイト用の竿を準備します。
電動リールを最速で巻きなからシャクルので、あまり柔すぎても良くないですね。
分からない時は、釣具屋さんに相談です❗

次に、リールです。リールは電動で、シマノ、DAIWAがメインです。
フォースマスター2000MKクラスが有れば十分です。
ドラッグ力も10キロオーバーで取り込みも楽ですねー。

リールに巻くPEラインは4号を300メートル位巻けばOK❗リーダーは8号~10号をセッティングします。

次は、ジグです。基本的に寒ブリは棒ジグで良いでしょう。
150g~250gあたりを色んな色、形で持っておくと良いでしょう。
定番で、シルバー、イワシカラー、ブルピンは持っておきたいところですね。
アシストフックの選び方。
この時期、鰤がいつ入れ食いになるかわからないのですが、まずは、フックの大きさです。

メーカーにより番手が若干違います。なので、フックの大きさは、大きくて大丈夫です❗いや、大きいのが良いです❗

鰤などは、フックの大きさはあまり気にしてないと思います。壱岐周辺での鰤ジギングは基本アシストフックのみ装着します。ほとんどの鰤は、ジグの頭に食ってきます。

ここでリアにフックをつけると、鰤が入れ食いになった時に手返しが悪くなります。リアも魚にかかりはずすのに時間がかかります❗

と、ここで気がつかれたと思いますが、入れ食いになったら、アシストフックは、シングルに変更すると手返しが良くなります🎵

ダブルフックだと大きな魚が二匹かかる可能性がかなり高くなるのです。すると、巻き上げにも時間がかかります。なので、その時はシングルフックを❗

アシストフックのアシストラインの長さもその時で食いが違うので、長めから短めまで揃えておくと良いと思います🎵

さて、釣り方ですが、いたって簡単です❗ジグを底まで落とし、電動リールを最速で巻きます。
巻きながらたまにシャクリを入れるだけでOKです。
あとは、食い気のある魚が居たらドカンと乗って来ます❗これで10kgオーバーも夢じゃありません❗頑張りましょう🎵

「大健丸 船長」